ライフ

テレビが勝手に消える!突然の症状の原因と対処法をお伝えします

テレビが勝手に消える

「好きなテレビを楽しんでいたら、突然映像が消えた!」
「急に電源が切れた」

そんなことはありませんか?

観たい番組があるのに、本当に困りますよね。

日本には、シャープ、パナソニック、ソニー、東芝など、さまざまなメーカーのテレビがありますが、テレビが勝手に消えるのは故障なのか、原因や対処法はあるのか、まとめてみました。

僕自身もテレビがいきなり映らなくなってしまう現象に悩んだことがあり、その時の経験談も合わせてお伝えしますね。

省エネ設定がオンになっていた

薄型テレビ

各社テレビには、さまざまな省エネモードが搭載されています。

メーカーや機種によって異なりますが、以下のような機能がオンになっていると、自動で電源が切れる形になります。

  • オフタイマー・・・設定した時間になると電源が切れる
  • 無操作オフ・・・一定時間操作しないと電源が切れる
  • 照明オフ連動・・・部屋の照明を消すと電源が切れる
  • ムーブセンサー・・・テレビの前から人がいなくなると電源が切れる

シャープAQUOS、パナソニックVIERA、ソニーBRAVIA、東芝REGZAなどがありますが、メーカーによって名称は多少異なります。

また、機種によっては搭載されていない機能もあります。

まずは、これらの機能がオンになっていないか確認してみましょう。

電源プラグが抜けかかっていた

確率は低いかもしれませんが、電源プラグがコンセントから抜けかかっていて、電源が切れてしまったことも考えられます。

電源プラグがコンセントにしっかり差し込んであるか、確認してみましょう。

長い時間経過すると、ひょんなことから接続が甘くなってしまうことはありますし、部屋の掃除をしていて抜けかかってしまうこともありますね。

念のため、確認してみましょう。

ソフトウェアの不具合

Android TVの場合は、ソフトウェアを最新のものに更新することで直るケースもあります。

現在お使いのテレビのソフトウェアが最新のバージョンになっているか確認してみてください。

最新バージョンでなければアップデートしてみましょう。

テレビ本体の故障

電源プラグも差し込んであり、自動オフ機能もオンになっていない場合は、故障の可能性が疑われます。

一度、電源を切り、電源コードも外し、B-CASカードも入れ直してみましょう。
それでもやはり映らない場合は、故障の可能性が高いかもしれません。

何年も使っていると、テレビ裏の隙間から内部にホコリが溜まっていくので、中の部品や基板が壊れてしまう可能性はあります。

バックライトが寿命でダメになるケースもありますね。

他には、電源コードの接触不良や内部で断線しているケースも考えられます。

内部の部品や基板の交換は素人には難しいので、保証期間内であれば修理にお願いするのがいいですね。

お手元の保証書を確認してみましょう。

保証期間を過ぎている場合や何年も使っている場合は、修理代金も高くつきますし、買い換えを検討した方がいいかもしれません。

内閣府の2021年3月の消費動向調査によると、テレビの買い替えサイクルは10年とされています。

今のテレビを購入してから10年前後経過しているのであれば、新しいテレビを買った方がいいかもですね。

僕自身が試してみたテレビ復活方法

テレビのある部屋

僕自身、Victorのテレビをずっと愛用しています。
(現在、Victorはテレビ事業から撤退)

ところが、ある日、テレビを観ようとしてリモコンで電源を入れたところ、すぐに切れてしまう症状が発生。

おかしいなと思い、もう一度電源を入れるも、10秒くらい経つとまた切れてしまう・・・

「もしや壊れた?!」

14年近く使っていたので、壊れても仕方ないかと思いました。

それでも、ネットの情報を調べながら、以下のことを試してみました。

  • 電源プラグを一回外し、しばらく時間をおいて入れ直す
  • B-CASカードを入れ直す
が、いずれもダメでした。

その後も調べてみたところ、リモコンではなくテレビ本体の主電源を長押しすると直るかもしれないという情報を見つけ、試してみました。

  • テレビ本体の主電源を5~10秒くらい押し続ける

主電源を押し続けると電源が切れ、テレビがリセットされるとのことです。

その後、1分くらい経ったら電源を入れ直すというもの。

しかし、この方法もダメでした。

主電源を切った後、かなりの時間をあけるなどして何度か試してみたものの、症状は変わらず・・・

「これは新しいテレビを買わないとダメか・・・」

ガックリしつつ、どれを買おうかリサーチを始めました。

それでも、やっぱりあきらめきれず、その後もたまに主電源のリセットを繰り返したりしていたところ・・・

1~2日経ったくらいのところで、ダメ元でテレビの電源を入れてみると・・・

何とテレビが映ったんです!

「すぐに消えるんじゃ?」

と思ったんですが、幸いなことに消えることなく映り続けています。

正直ホッとしました。

あれから何ヶ月か経ちましたが、今のところテレビは問題なく見ることができます。

なぜ急に復活したのか、正確なところはわからないのですが、ひとまず主電源のリセットが良かったのかなと思います。

ちなみに、電源コードはずっと抜いたままの状態にしていました。
電源コードを抜いて長時間放置してみるのも、もしかすると有効なのかもしれません。

試してみる価値はあるのかなと思います。

まとめ

突然テレビが消えた時の対処法

  • 省エネモードになっていないか確認
  • 電源プラグが外れていないか確認
  • Android TVの場合は、ソフトウェアを最新にする
  • 主電源を長押ししてリセットする
  • 電源コードを抜いて長時間放置

突然テレビが勝手に消える原因と対処法についてまとめました。

長年使っている場合は、経年劣化による故障の可能性もあります。

修理に出すとなるとそれなりの金額がしますし、新しい物を買った方が安上がりというケースもありますね。

今回の記事が参考になれば幸いです!

-ライフ

© 2021 風にそよぐ~Sway in the wind