ライフ

メガネフレームの塗装の剥がれを修理で直してもらった!

眼鏡フレーム塗装修理

10年以上愛用しているメガネがあるんですが、長く使っているので、フレームの塗装があちこち剥げてしまっていました。

新しいメガネを買おうとは思っていたものの、なかなか気に入ったものが見つからず・・・

それなら、お気に入りのメガネを修理に出そう!

以前に、メガネスーパーで、塗装の剥がれの修理金額がどのくらいか聞いたことがあり、確か5~6,000円くらいだった気がします。

ただ、実際に出してみないとわからない部分もあるという話で、保留にしていました。

その後、何となく面倒くさくなってしまい(^^;)、放置していたんですが、今回やっぱり修理に出そうと思い立ったんですね。

メガネスーパーにお願いしても良かったんですが、ネットで調べてみると、メガネの愛眼もいいらしい。
ちょうど近所に店舗があったので足を運んでみることにしました。

メガネの愛眼で剥げたフレームの修理をお願いする

眼鏡と眼鏡ケースと眼鏡拭き

メガネの愛眼に行ってみると、店内の男性スタッフが用件を尋ねてきたので、メガネフレームの剥がれを修理に出したい旨を伝えました。

カウンターの椅子に腰掛けると、スタッフさんは修理に関するメニュー表のようなものを持ってきてくれました。

それによると、メガネフレーム塗装の基本料金は、5,500円(税込)とのこと。

事前にネットで収集していた情報に比べると高くなってましたが、メガネスーパーと同じくらいでしたし、納得して申込をお願いしました。

塗装修理は、専門の工場に持っていき、修理担当者が実物をチェックすることになるので、実際の料金に変更が生じる可能性もあるとのこと。

ひとまず、メガネを預けてお店を後にしました。

数日後電話がかかってきて、見積もり料金に変更なしとのことだったので、そのまま修理をお願いしました。

もし、この時点で料金に変更があり、納得できない場合はキャンセルも可能です。

メガネの塗装の剥がれが見事によみがえる!

申込からちょうど2週間後、修理が終わった旨の電話がありました。

仕上がりがどんなものなのか、凸凹感があったりするのかちょっと心配だったんですが、新品同様のきれいな仕上がりでした。

塗装修理後のメガネ

修理に出す前の画像を用意するのを忘れてしまったので、比較ができないのですが、どこが剥がれていたのか、全くわかりません。

大満足の仕上がりです(^^)

しかも! 長年使っていて汚くなっていた鼻パッドも、無料で交換してもらえました。

ちなみに、塗装をする際の色の指定については、特に話がありませんでした。

元のフレームの色が黒だったので、仕上がりももちろん黒でした。

元のフレームの色と違う色を指定できるのかどうかは、ちょっとわかりません。

ということで、メガネの愛眼、今まであまり気にしてなかったメーカーですが、すこぶる好印象でした。

もしも手元に、塗装に剥がれがあるメガネがあるなら、一度お願いしてみてもいいと思います。

お気に入りのメガネが新品同様になるかも?

メガネフレームの塗装を自分でDIYするのは・・・

個人的には、メガネの塗装は専門店にお願いするのが一番だと思います。

でも、「自分で修理したい」という人もいるかも?

ということで、少し調べてみたのですが・・・

ベストと思える方法が見つかりませんでした。

候補としては、

  • 染めQ
  • ソフト99 タッチアップペン

があったのですが、『染めQ』は、スプレータイプなのでフレームに使うのは難しそうなのと、有機溶剤が使われているのが気になりました。

有機溶剤は、塗料にもよく使われる化学物質で、揮発性が高いので体内に吸収されやすいです。

そのため、肌に触れることになるメガネに使うのは、危険かなと感じました。

一方、『ソフト99 タッチアップペン』は、手軽に塗れて防水性もあり、なかなか良いのではないかと思ったのですが、同様に有機溶剤が使われていました

安全性に不安があるので、候補としては難しそうです。

ということで、やっぱり専門業者にお願いするのがいいのではないかと思います。

-ライフ

© 2021 風にそよぐ~Sway in the wind