エンタメ

スイッチ本体にPS4のコントローラーを接続する方法 その逆もOK!

2021年6月10日

スイッチにPS4コントローラーを接続する

PS4もスイッチも両方持っていると、

「スイッチのゲームをPS4のコントローラーでプレイしたい」

と思ったり、またはその逆で

「PS4をスイッチProのコントローラーで遊びたいなあ」

と考えることがあるのではないでしょうか?

特にプレイステーションのコントローラーは使いやすいので、他のゲームでも使いたくなりますよね。

今回の記事では、その辺りのことをまとめてみました。

有線コントローラーを直接つないでも使えない

ゲームのコントローラーを握っているところ

ニンテンドースイッチ本体を購入すると、ジョイコンが付属していますが、これが使いにくいと感じる人は少なくないです。

ジョイコンは連射できない&壊れやすいという意見も多いですし・・・

なので、PS4はもちろん、昔使っていたPS3やPS2のコントローラーを使うことができたら、万々歳ですよね。

しかし、実際に挿してみるとわかりますが、スイッチ本体にPS4のコントローラーを接続しても反応してくれません。

がっかりですね。

メーカーが違うので、使うことはできないようです。

変換器を使えばPS4⇔スイッチでコントローラーを使える!

そこで検討してみたいのが、変換アダプターを使う方法です。

現在、いろいろな変換アダプターが発売されています。

巷では8bitdoが人気みたいですが、少し古いようなので、以下の変換アダプターを紹介します。

この変換アダプターを使えば、スイッチ本体でPS4のコントローラーを使うことができます。

逆に、PS4本体でスイッチのコントローラーを使うこともできます(このケースはあまりないかもしれませんが)。

有線接続できるコントローラー、無線接続できるコントローラーがあるので、詳細をよく確認してみてください。

商品ページを見ると、ニンテンドースイッチLiteやPS5にも対応しているようです。
用途はかなり広いですね。

純正品ではない点に注意

便利な変換アダプターですが、純正品ではない点に注意です。
そのため、必ず動くという保証はありません。

レビューを見てみると、問題なく使えたという意見、使えなかったという意見、両方ありますね。

異なるメーカーの本体とコントローラーを繋ごうとしているので、純正品でないのはやむを得ないところです。

また、多少の遅延(ラグ)が発生する可能性もあります。

RPGやボードゲームなどを遊ぶ場合は問題ないですが、格闘ゲームやシューティングゲーム、FPSなど、わずかなラグが命取りになるゲームを遊ぶ場合は、避けた方が賢明です。

なお、1つの変換アダプターで1つのコントローラーを接続することになります。

2人プレイをしたくて、コントローラーを2個使う場合は、2つの変換アダプターが必要になります。

ジョイコンが使いにくい場合は普通のコントローラーもあり

そもそも、スイッチ本体付属のジョイコンが使いにくいという場合は、純正品のコントローラーを購入するのがいいかもですね。

任天堂の純正コントローラーなので安心です。

純正品以外にも、他のメーカーからさまざまなコントローラーが発売されています。

安心して遊ぶなら、別途コントローラーを購入した方がいいですね。

まとめ

携帯ゲームを遊んでいるところ

変換アダプタを使用することで、スイッチ本体にPS4のコントローラーを接続する方法について紹介しました。

購入する際は、純正品ではないという点を理解した上で、自己責任でお願いします(_ _)

純正コントローラーを買うのが一番ですが、ちょっとお高いですし、コントローラーの数が増えてしまう点はデメリットかもしれません。

部屋の中にコントローラーが溢れかえってしまうのを避けたい時に、変換アダプターは便利ですね。

モンハンやスプラトゥーンをPS4のコントローラーで遊べたら、プレイもサクサクでかなり楽しそう。

ジョイコンでのプレイにストレスや不満を感じている場合におすすめです。

楽しいゲームライフの参考になれば嬉しいです!

-エンタメ

© 2021 風にそよぐ~Sway in the wind