食品・飲料

肝臓に悪い食べ物がコーヒーって嘘?本当? 実際のところは

2021年4月15日

コーヒーは肝臓に悪い?

それなりの年齢になってくると、気になってくるのが肝臓の数値。
健康診断の結果にビクビクしちゃうことってありますよね。

肝臓に悪い食べ物は食べないように、肝臓に悪い飲み物は飲まないように、心がけているのではないでしょうか?

そこで気になってくるのが、多くの人が大好きなコーヒーです。

風の噂で、コーヒーが肝臓に悪いという話を耳にしたことはありませんか?

大好きなコーヒーが体に悪いとなったら、気が気ではありません。

コーヒー党にとっては死活問題ですよね。

そこで、今回の記事では、コーヒーが肝臓に悪い食べ物というのは嘘なのか、それとも本当なのか? お伝えしていきたいと思います。

コーヒーは肝臓に悪い飲み物なのか

コーヒーとコーヒー豆

結論をいうと、コーヒーは適量ならば肝臓に良い飲み物です。

まず、コーヒーは脂肪肝を抑制し、肝機能を改善するという研究結果が、全日本コーヒー協会で発表されています。

参考 毎日飲むコーヒーが、脂肪肝を抑制する。|全日本コーヒー協会

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が溜まってしまうことですね。

飲酒量や肥満の有無にかかわらず、コーヒーが肝機能を改善することがわかっています。

ですので、むしろ積極的に飲んだ方がいいということになります。

コーヒー党にとっては、心強い限りですね。

ただし飲み過ぎは良くない

コーヒーは、クロロゲン酸などのポリフェノールが含まれていますが、一方でカフェインも多く含まれています。

カフェインは適量であれば、眠気覚ましや集中力を高めるといったプラスの効果を期待できますが、摂りすぎは逆に肝臓に負担をかけてしまいます。

ですので、1日10杯飲むなど飲み過ぎは避けるようにしましょう。

先ほどのサイトによると、毎日または1日おきに、コーヒー2、3杯が適量とのこと。

飲んでも1日3杯までと決めておくといいと思います。

肝臓に悪いのはアルコール

ビールの入ったグラス3つ

それでは、肝臓に悪いのは何かというと、やはりアルコールです。

アルコールを分解するのが肝臓の役目なので、アルコールの量が増えれば増えるほど肝臓に負担をかけることになります。

アルコールを分解しきれないと、中性脂肪がどんどん肝臓に蓄積されていきます。

そして、その状態が続くと脂肪肝になってしまうんですね。

肝機能の健康状態を示す値に、γ-GTP(ガンマジーティーピー)という項目があります。

健康診断結果で目にすることもあると思います。

この数値が51~100は要注意、101以上になると赤信号です。

アルコールを摂取すると、γ-GTPの数値が上がりやすくなります。

アルコールは適量であれば大きな問題はないですが、飲み過ぎには注意し、できれば週に1日休肝日を設けて、肝臓をいたわるようにしましょう。

脂質、糖質が多い食べ物は要注意

お米

脂肪肝は中性脂肪が溜まってしまうことですので、アルコールの他にも脂質と糖質が多い食べ物には気をつける必要があります。

脂質が多い食べ物乳製品、油、脂身の多い肉や魚、ナッツ類など
糖質が多い食べ物米、パン、麺類、イモ類、カボチャ、トウモロコシ、果物、ジュースなど

もちろん、上記の食べ物を食べてはいけないということではなく、食べ過ぎや運動不足が良くないという話になります。

バランスの取れた食事と、適度な運動をしていくことが大事ですね。

上記の表には書いていませんが、当然ながらお菓子類も脂質や糖質の多い食べ物になります。

ご飯やパン、麺類など、主食となる食事に糖質が多く含まれているのはきついですね。

葉物野菜や豆類などを多めにし、バランスの取れた食事を心がけていきましょう。

ちなみに、アルコールには糖質も多く含まれることが多いです。

ビール、ワイン、日本酒、梅酒などは糖質が高めなので気をつけましょう。

一方で、ウイスキー、ブランデー、焼酎、ジン、テキーラなどは糖質が低めなので、飲むならこちらがいいかもしれませんね(もちろん、飲み過ぎていいことにはなりませんが)。

カレー、バナナ、ラーメン、乳製品は肝臓に悪い?

カレーライス

ここからは、もう少し具体的な食べ物について、肝臓に良いか悪いかをお伝えしていきますね。

カレーにはウコンをはじめさまざまなスパイスが使われています。

これらのスパイスで血流が良くなることが期待されるので、体に良いといえます。

が、一方で、ライスは糖質が多いので肝臓には良くありません。

カレーを食べる場合は、ライスを少なめにするといいかもですね。

バナナは糖質が多く含まれているので、肝臓にはやさしくありません。

ラーメンも糖質を多く含むので、やはり食べ過ぎに注意する必要があります。

チーズ、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品はどうでしょうか?

チーズに関しては、乳製品の中では比較的糖質が少ない食べ物です。

中でもカマンベールチーズは糖質が少ないのでおすすめです。

一方で、牛乳やヨーグルトは、比較的糖質が高めになります。

飲み過ぎ、食べ過ぎには注意していきましょう。

健康診断の数値が気になるあなたにおすすめサプリ3選

健康イメージ(ランニングをする男女)

「毎年の健康診断の結果が気になってしまう・・・」

という人は多いと思います。

僕もその一人です。

アルコールの飲み過ぎに気をつけるのはもちろんですが、それだけでは不安という場合に活用したいのがサプリメント。

今から健康に気を配ることで、いくつになってもハツラツとした楽しい毎日を過ごせるわけですね。

健康を維持したいという場合は、よかったらチェックしてみてください。

レバーザイム

ビタミンB2が豊富な豚レバーエキス、しじみエキス、牡蠣エキス、ウコンエキスなど、8種類の嬉しい成分を一度に摂れる、オールインワンサプリです。

お酒をよく飲む、朝の目覚めが悪いという場合にもおすすめです。

ワンコインの500円(税込)でお試しできます。

レバーザイム

ゲンキウコン

1包5粒あたりクルクミン量70mg以上を含有。
インドネシア産の健康ウコンサプリです。

定期コース初回1,058円(税込)でお試しできます。
定期コースはいつでも変更休止が可能です。

ゲンキウコンの詳細はこちら

秋ウコンホワイト

健康に嬉しい還元型ウコンエキス末50mgを配合。満足度93%のサプリメントです。
水がいらないタブレットなので、毎日続けやすいのはいいですね。

厳しく管理された国内工場で生産されているので安心です。

定期コースが2,754円(税込)。いつでも停止OKです。

秋ウコンホワイトの詳細はこちら

まとめ

まとめ

  • コーヒーは適量ならば肝臓に良い
  • 飲み過ぎは良くないので多くても1日3杯まで

肝臓に悪い食べ物がコーヒーというのは嘘なのか、本当なのか?という疑問の答えは、嘘ということになります。

どうしても、好きなものはたくさん摂取してしまいがちですが、そこをグッと我慢して適度に楽しめるようにしたいですね。

これはコーヒーに限らないですが、食べ過ぎ、飲み過ぎは体に害となってしまいます。

健康を害してしまうと、コーヒーを楽しむどころの話ではなくなってしまいますし、それこそ取り返しのつかないことになってしまうので気をつけたいですね。

上手にコーヒーライフを送りましょう!

-食品・飲料
-

© 2021 風にそよぐ~Sway in the wind