PC・スマホ

ONEアプリのレシートが10円になるには! 1円と10円の違いに仕組みはある?

ONEアプリのレシート 10円になるには?

「ONEのレシートが10円になるにはどうしたらいいんだろう?」
「1円と10円のレシートって何か違いがあるのかな」

こんなことを考えてしまうこと、ありますよね。

ただのレシートがお金になるアプリ『ONE』
1枚1円~10円で買い取ってもらえるので、いつも10円で買い取ってもらえたら嬉しいのですが・・・

残念ながら、10円にするための必勝法のようなものはありません

確率が決まっていて、完全ランダムだと思います。

今回の記事では、

  • ONEレシートが10円になるには?
  • 1円と10円のレシートに違いはあるのか
  • 10円を超える高額買取がある?
  • 同じレシートを使い回すのはNG
  • 出金方法と手数料
  • ONEアプリに危険性はないのか

などについて情報をまとめてみました。

ONEレシートが10円になるには?

ONEアプリで、レシートを10円で買い取ってもらう方法というのは、残念ながらありません。

10円獲得できた!という口コミを集めてみましたが・・・

10円が出たレシートをまとめると、

足利学校入学証のレシート
WAONチャージのレシート
サイゼリヤのレシート
ユーコープのレシート
モスバーガーのレシート

こんな感じになります。

特に規則性はないのかなーと思います。

足利学校やWAONチャージなど、少し珍しいものの方が出やすい?という可能性もありますが、おそらくはたまたまですよね。

『ONE』の方でユーザーに支払える額というのは、枠がおおよそ決まっていて、その範囲内で低確率で10円が出ることもあるのかなと思います。

狙って出すのは難しいので、10円が出たらラッキーと考えた方が良さそうですね。

ONEのレシート 1円と10円の違いに仕組みはある?

レシート、お財布、クレジットカード、現金

ONEのレシートは、基本的に1円~10円の間でランダムで買い取り金額が表示されます。

その仕組みについては企業側で公開していないので、レシートの内容によって違いが生じるのかなどについては何もわからないです。

おそらくですが、レシート内容によって金額を決定するというのはないと思います。

万が一、ユーザー間で攻略法が見つかってしまったら、企業は困ってしまいますよね。

必勝法があったら、さすがに会社が破綻してしまいそうです。

ですので、そもそも攻略法といったものは存在せず、完全に運要素で決まるということですね。

まさかの高額買取! 50円、100円、1000円も!?

ONEレシートの価格は通常1円で、たまに2円~10円が出ることがありますが、まれに50円や100円の高額料金が出ることがあるようです。

ちょっと夢がありますよね(^^)

そして、まさかまさかの1,000円という買取金額も・・・!

110円→1,000円の現代的錬金術!

1,000円なんて高額で買取になったら飛び上がって喜んじゃいそうですが、やっぱり狙って出せるものではないです。

毎日地道にコツコツレシートを撮影するのが、大当たりの近道になりますね。

ONEアプリ 同じレシートを撮影するのはNG

たくさんのレシート

レシートを撮影するだけで少なくとも1円がもらえるONEアプリ。

1日の制限は5枚までになってますが、日によってはレシートが5枚揃わない時もありますよね。

悪魔のささやきで「同じレシートを撮影してもいいんじゃ?」と思うことがあるかもしれません。

でもこれはNG行為。

会社側で同じレシートかどうかはすぐにわかることなので、やらないでくださいね。

最悪アカウントBANになることが考えられます。絶対にやらないようにしましょう。

アカウントが凍結する可能性がある行為としては、

同じレシートを使い回す
ミッションで違う画像を送信する
他人のレシートを撮影して送信する

などがあります。

うっかりやってしまわないよう注意してくださいね。

ONEアプリのレシート 手数料はいくら?

ONEアプリは、利用自体は無料ですが、出金する時に手数料がかかります。

手数料は280円です。

これを安いとみるか高いとみるかですが・・・

基本的には、レシート1枚につき1円でコツコツと買い取ってもらうことになるので、最悪レシート280枚分と考えると、結構きついものがありますね。

でも、元々はただゴミ箱に捨てていたレシート。
それがお金になるだけでもありがたいと考えれば、高くはないのかも?

ONEアプリの出金方法

ONEアプリでは、各種チケットにも交換できますが、やっぱり現金に換金したいですよね。

出金方法について簡単にまとめました。

  1. 下部メニューの『ウォレット』をタップ
  2. 『出金』をタップ
  3. 銀行口座を登録する
  4. 本人確認をする(しばらく時間がかかります)
  5. 出金申請をする
  6. 振込を待つ

本人確認は初回のみです。利用できる書類は、

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証

になります。

利用できる銀行は、

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行 など

全国ほどんどの銀行を利用できます。

ONEアプリの有効期限

ONEアプリのウォレットに貯まったお金には、期限があります。

有効期限は、最終取得日から1年間です。

レシートを撮影したり、アンケートに回答するなど、何らかのアクションで残高が増えれば、期限は延長されます。

なので、こまめに使っていれば、有効期限は気にしないで大丈夫だと思います。

ONEのレシートアプリは使っても安全? 危険性はない?

今までゴミになっていたレシートを1円~とはいえ買い取ってもらえるONEアプリ。

「そんなの怪しい」
「危険性はないの?」

と思ってしまうことがあるかもしれませんね。

ONEは、2018年6月にサービスが始まったアプリで、開発したのは当時話題となった高校生起業家が手がけたもの。

運営しているのは日本の企業で、WED株式会社です。

国内企業ということで、それだけで安心感がありますよね。

WED株式会社は、東京都渋谷区千駄ヶ谷にあります。

ONE以外にも、企業の売上管理を効率化するクラウドサービス『Zero』を開発しています。

Zeroは丸井グループとの共同開発です。

まだ新しい会社ですが、企業理念がしっかりしていて、信頼感は感じられるのかなと思います。

懸念点は電話番号でアカウントを管理していること

一つ懸念する点としては、電話番号でアカウントを管理していることですね。

電話番号で管理しているので、端末を変えても変更手続きが必要ない、というのは便利です。

が、一方で、将来電話番号を変更した場合は引き継ぎはできないようです。

この場合、全額出金して、新しくアカウントを作り直さないとダメみたいですね。

また、電話番号を変更した場合は、運営会社にその旨連絡を入れて、アカウントの停止手続きを行う必要があります。

うっかり忘れてしまうと、もしも旧電話番号を別の人が使い始めて、さらにはONEアプリを使おうとしたら・・・

以前のデータがまるまる残っていることになるので、ちょっと怖いです。

なので、電話番号を変更する場合は注意が必要ですね。

まとめ

ONEアプリのレシートが10円になる、確実な方法というのはありません。

運が良ければ10円はもちろん、それ以上の金額で買い取ってもらえることもあるみたいですね。

基本的には、毎日コツコツと貯めていくことになります。

ちなみに、ONEアプリを使い続けることで、その日のレシートの内容を振り返ることができますね。

「衝動買いしちゃったなあ・・・」
「これは買わなくてよかったかな」

など、反省点も出てきます。

振り返ることで無駄遣いを減らせるかもですね。

-PC・スマホ

© 2022 風にそよぐ~Sway in the wind