ライフ

赤ちゃんが足をクロスするのは脳性麻痺?という不安について

赤ちゃんが足をクロス

ネット上では、生後間もない赤ちゃんだったり、3ヶ月~6ヶ月前後の赤ちゃんが足をクロスするのは、脳性麻痺ではないかという疑念があるようです。

結論をいえば、脳性麻痺である可能性はほぼないといえます。

その理由と、注意点についてお伝えしますね。

よかったら、参考にしてみてください。

赤ちゃんが足をクロスするのは自然な行為

クロスした足のアップ

仰向けで寝ている時やうつ伏せになっている時など、赤ちゃんが足を組む、足をクロスするのは、特段不思議なことではなく自然な行為です。

何気ない仕草なんですね。

子供でも大人でも、足をクロスすることはあるのではないでしょうか?

赤ちゃんは、発育過程で頻繁に体を動かしますが、その一環で足をクロスすることは普通にあることなんですね。

もう少し具体的には、お腹が空いた時、つまらないと感じている時、眠たくなった時に行うことがあります。

ですので、基本的にはそこまで気にする必要はないです。

膝が曲がっているかなど、観察しておきたい点

足をクロスして寝る赤ちゃん

ただ、もちろん100%大丈夫ということは言い切れません。

気をつけて観察しておきたいのが、足を交差した時に、赤ちゃんの膝が曲がっているか?という点です。

膝が曲がった状態で足がクロスになっているなら大丈夫でしょう。

もしも、足を伸ばした状態で足先をクロスしている場合は、脳室周囲白質軟化症(PVL)という症状である可能性があります。

詳しくは、以下のリンク先を確認してみてください。

参考 脳室周囲白質軟化症(PVL)|堂島針灸接骨院

この場合、足をクロスする以外にも、歩行が不安定だったり、足首に緊張感が見られたり、言葉の遅れが見られるといった症状が目に付きます。

他にも、首がすわらない、ミルクや母乳をうまく飲めないといった症状にも要注意です。

膝が曲がっていれば、過度の心配をする必要はないですが、上記の症状や気になる症状が他にもあるという場合は、かかりつけのお医者さんに診察してもらうことをおすすめします。

不安だけど病院に行くほどではないという場合

若干不安だけど、病院に行くほどではないという場合は、AskDoctorsを利用してみるのもいいかもしれません。

AskDoctorsは、ネット上で専門医に手軽に相談できるサイトです。

病院に行くほどではないけど気になる、病院に行く時間がないという場合に重宝します。

小児科はじめ、専門医の先生が丁寧に答えてくれるので、気になる場合は活用してみましょう。

質問する際は、どのような症状があるのか、できるだけ詳細に書くことをおすすめします。

足をクロスする赤ちゃんは結構います

ネットを見渡してみると、足をクロスする赤ちゃんは結構いるんですね。

一人で育てていると不安になってしまいますが、決して珍しいことではないとわかれば、少しホッとできますね。

最後に

ということで、赤ちゃんが足をクロスするのは脳性麻痺である可能性はほとんどありません。

クロスする以外にも、足を突っ張ったり、号泣してそり返るといった行為が気になることがあるかもしれません。
心配になりますが、1歳未満の乳児ならよくあることなんですね。

脳性麻痺の多くは生まれた時に判明するものなので、出生時に問題がなかったのであれば、その可能性は低いといえます。

しかし、大切なお子さんが万が一・・・と考え出したら夜も眠れなくなってしまいますよね。

お母さんが不安でいっぱいになると、それがお子さんにも伝わってしまいます。

お母さん自身の体調にも影響を及ぼしてしまっては本当につらいですし、赤ちゃんにも悪影響ですよね。

ですので、不安が拭いきれない場合は、遠慮せずかかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

専門の先生に診てもらって何もなければ、安心を手に入れることができます。

一人で抱え込まず、ぜひ相談してみてくださいね。

-ライフ

© 2021 風にそよぐ~Sway in the wind