エンタメ

【アニメ】ダイの大冒険はどこまで放送する?最後までやるのかを検証

2021年5月8日

アニメダイの大冒険は最後まで放送する?
往年のファンは毎週楽しみですよね!

2020年10月から放送が開始された、テレビ東京系列のアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』。

1991年10月から放送されたTBS系列のアニメは、バラン編の途中で打ち切りとなってしまいました。

原作を知っているファンからすると、今回のアニメはどこまで放送するのか、果たして最後までやってくれるのか、気になるのではないでしょうか?

結論をいうと、最後まで放映すると推察します。

今回の記事では、ダイ大ファンの僕が、テレビアニメはどこまでやるのか、最終話まで描いてくれるのか、打ち切りの可能性はあるのかなどについて、検証・考察してみました。

ダイの大冒険は最後まで放送できるのか?

ダイの大冒険は、最後まで放映される可能性が高いです。

その根拠の一つとなるのが、こちらの特報映像。

この中で描かれている剣が刺さっている様子は、原作ファンなら誰もがわかるシーンですよね。

これは原作最終巻である37巻のラストシーンでもあります。

つまりは、このシーンをいきなり持ってくるということは、最後まで描き切るというスタッフからの強いメッセージなわけですね。

そして、もう一つの根拠が、ドラクエの日に放送された特番でのいくつかの発言です。

2020年5月27日に放送されたこの番組ですが、以下のような発言を拾うことができます。

ドラクエ生みの親、堀井雄二さんの発言【17:31頃】
「今回はちゃんと完結できる」

内藤圭祐東映アニメーションプロデューサーの発言【59:39頃】
「願わくば、最後まで走り切りたい」

唐澤和也シリーズディレクターの発言【1:00:21頃】
「僕達の決意は、最初にあったポスターの剣、あれが僕らの決意表明だと思っております」

これらの発言から、スタッフ一同、最終話まで描き切る気は満々ということが伝わってくると思います。

少なくとも最終話まで放送する予定だということがわかりますね。

旧作アニメに比べて、新作アニメの展開が早いのも、とにかく最後まで行きたいという思いの表れと考えられます。

打ち切りの可能性は?

とはいえ、そうそううまくいかないのが世の中の常。

1991年に放送された旧作アニメも視聴率は好調で、番組は継続されると思われていました。

ところが、局側の都合で急遽打ち切りが決まり、やむなくバラン編の途中でストーリーを変更し、終了したといわれています。

新作アニメも、突如何らかの事情が発生し、打ち切りとなる可能性もゼロではないでしょう。

また、当然ながら、視聴率が低迷した場合は、打ち切りとなってしまう可能性は考えられます。

視聴率に関しては具体的な数字は上がってきていませんが、以下の動画で唐澤監督の発言に注目です。

唐澤監督の発言【1:47:09頃~】
「視聴率もいいんですよね」

ということで、2020年12月の情報になってしまいますが、視聴率に関しては好調のようです。

また、相乗効果で、アニメもゲームもマンガも盛り上がっているようですね。

Twitterでも、アニメ放送中は毎回トレンド入りしているので、多くの人が楽しんでいることがわかります。

結論としては、今のところ打ち切りの可能性は低いのかなと思います。

ダイの大冒険の感想・評判

アニメダイの大冒険に関する感想を、Twitterから集めてみました。

面白いという意見、つまらないという意見、展開が早すぎるという意見、さまざまあると思いますが、こうして昔の作品がよみがえるだけでも本当にありがたい!

さらには昔は見ることのできなかった、バラン編の次のストーリーを見ることができるのは感無量ですね。

アニメは何クールまで放送される?

(※不正アクセス発生前に書いたものです。不正アクセスについては後述します。)

これまでのペースを見てみると、

  • 第1クール(2020年10月~12月)はコミック5巻まで
  • 第2クール(2021年1月~3月)はコミック10巻途中まで
  • 第3クール(2021年4月~6月)はコミック14巻まで
  • 第4クール(2021年7月~9月)はコミック20巻途中まで
  • 第5クール(2021年10月~12月)はコミック25巻冒頭まで
  • 第6クール(2022年1月~3月)はコミック28巻途中まで

となっています。

ダイの大冒険は原作コミック全37巻なので、今のペースだと第8クールまで続くことが考えられます。

完結は2022年9月と予想できますね。

そうなるとかなりの長丁場になります。

そのため、諸事情により、原作のどこかをカットして、完結を早めるということはあるのかもしれません。

ただ、ダイの大冒険の場合、原作の一部を大幅にカットするのはストーリー上難しいので可能性は低そうですが・・・

マキシマム編など細かな部分をカットして、展開を早めるということはあるかもしれませんね。

それでも、スタッフは原作をリスペクトしている方ばかりなので、原作の改編は行わない可能性が高いのかなと思います。

不正アクセスによる放送延期の影響は?

3月11日、制作元の東映アニメーションから、第三者による不正アクセスの影響で放送スケジュールに影響が出ることが発表されました。

寝耳に水でしたね・・・

3月12日、19日、26日、4月2日、9日、合計5回分は、ベストセレクションとして過去の放送分が放映されました。

4月16日から放送再開となります。

無事に再開となって、ひとまず良かったです。

ここで気になるのが、今後の放送スケジュールはどうなっていくのかですよね。

5回分の番組を休止したことになるので、このまま普通に放送していくと、当初のスケジュール通りには完結できないことになります。

となると、最後までやり切ることを前提に、考えられる選択肢は、

  • 放送スケジュールを1ヶ月延ばす
  • スケジュールはそのままに、内容を早める、または一部削除する

になります。

ファンとしては、内容を早めたり、カットするのはやっぱり避けてほしい。

ということで、スケジュールを延ばして放送してもらいたいなと思います。

ただ、アニメは1クール3ヶ月の放送が当たり前なので、1ヶ月だけ延長できるかどうかはわからないのですが・・・

今のところ、公式からこの辺のことについてコメントはないので、かなり気になりますね。続報を待ちたいと思います。

新装彩録版コミック&公式ファンブック

ダイの大冒険の原作コミックは全37巻で完結していますが、新装彩録版コミックが新たに発売されています(全25巻)。


新装彩録版の特色は以下の通り。

  • 全てのカバーイラストを稲田先生が描き下ろし
  • ジャンプ連載時のカラーイラストを収録

描き下ろしもいいですし、連載当時のカラーが再現されているのは嬉しいですね。

最近アニメを見始めたという方には、原作も超おすすめです。

また、2021年12月3日に公式ファンブックが発売になりました!


稲田先生のインタビュー、三条先生と芝田先生の対談、種﨑さんと豊永さんの対談、三条先生が読者の質問に答えるコーナーなどが収録されています。

読者が選ぶアバンストラッシュベスト29も興味深かったです。1位はまさかの(?)あのシーンでした。

最新話を見逃してしまったら

また、アニメを見逃してしまったという場合は、動画配信サイトのU-NEXTでも視聴ができます。

新アニメはもちろん、旧アニメも視聴できるので見比べてみるのもいいですね。

他に、1991年、1992年に公開された劇場版映画3作品も観ることができます。

31日間無料トライアルでお試しができるので、よかったらチェックしてみてください。

\ 無料お試しでダイの大冒険を視聴 /

無料トライアル期間中に解約すれば料金は発生しません。

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ダイの大冒険の主な声優

キャラクター声優
ダイ種﨑敦美
ポップ豊永利行
マァム小松未可子
レオナ早見沙織
ヒュンケル梶裕貴
クロコダイン前野智昭
アバン櫻井孝宏
ゴメちゃん降幡愛
ハドラー関智一
バラン速水奨
フレイザード奈良徹
バーン土師孝也
ミストバーン子安武人
キルバーン吉野裕行
ザボエラ岩田光央

まとめ

新作アニメ『ダイの大冒険』は、願望も込めて最終話まで突っ走る可能性が高いと予想します。

放送が始まって以降、30代、40代を中心とした原作ファンのみならず、お子さんも毎週番組を楽しみにしているみたいですね。

親子で楽しんでいるという方も多いみたいです。

一ファンとしても、ダイ大にハマる人が増えてくれたら嬉しいなと思います!

-エンタメ

© 2022 風にそよぐ~Sway in the wind